Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

キリマンジャロの雪!

 1時40分から始まる「キリマンジャロの雪」を、ぐるりん号にのって権堂アーケードまでいって観る。
2012-11-25 15.37.58
2012-11-28 16.07.48
 素敵な映画でした。
 不況で解雇しなければならない状況が起きる。
 公平な解雇と考えて籤を引いた。
 それで定年が早まった労働組合の初老の男は潔く不運を受け入れ、家族も労りを見せる。
子供たちは両親にキリマンジャロへの旅行費用と航空券を贈る。

 結婚30年のような老夫婦へのウエディングケーキ!
シュークリームが積まれその上にカップルの人形がおかれている。
プチーシュークリームを4,5個、お皿にいれる食べ方はとてもいいと思った。
  
 舞台はマルセイユ。子供たちも孫たちもパーティに呼ばれ、同じ日に籤を引いて解雇された若者も招待されていた!

 両親への贈り物の玩具の宝箱。
サプライズに喜ぶ夫婦はその箱から出てきたお札と底に置いてあるキリマンジャロまでの航空券に夢心地になる。

 植民地の搾取した英語はやめようとスワヒリ語の勉強を始めたりする。タンザニアを植民地いしていたのはドイツという会話もある。

 初老の夫婦は決して裕福ではない。妻は老人の家の家政婦をしている。しかし、労働組合でリーダーをしていた夫を誇りに思い、孫たちと週に1度の海岸での集いや息子の家の東屋作りをする器用な夫を中心にバーベキューパーティで集まる家族の幸福に不満はない。

 しかし、ある日、家族が集まる中に強盗が4,5人入りその宝箱のお金と航空券とそれぞれのカードを殴るけりをして取る。

 家族は恐怖の一晩で悲しみと初老の夫は腕の骨を折られ、カードの盗難で生活費まで困窮する。

警察に届けたものの予定も狂い、初老夫婦は雑誌の配達のアルバイトを始める。

 ☆初老の男はバスで自分の子供時代読んだお気に入りの漫画を読んでる子供2人を見つける。
正義のみかたの漫画本で弟がこの間のパーティで古本屋で見つけたと、兄のサインのある本を買って贈ってくれた本と同じ本だ。

 子供たちに、本をちょっと貸してもらい自分のサインがあるのを見つけた。

 あの日、強盗の一人がカードが使えるかどうか暗証番号に嘘がないかわかるまで、家族を見張っていた若い強盗が拾って読んで持ってい本だ。 

☆もちろん、初老の男は子供たちをつけていく。

 子供たちの兄が元同僚の同じ日に解雇された若者だったのだ。
警察は男を捕え、初老の男もカードからお金を引き出されていて生活費を出すのに困窮し、妻と雑誌とチラシ配りのバイトで暮らし始める。

 しかし、14年の刑期と知り、子供たちの不幸を考えると訴えを取り消そうとするが、もはや間に合わない。

母親を探し出して、子供たちのために帰ってくるように言ってみるが、女は40の女 として男を引き付ける力があるが子供3人なら男は寄ってこないという。母親には子供たちを見る気はないのだ。

 貧しい暮らしでやせた子供たち。父親は蒸発し、母親は気まぐれで帰ってくるが子供の父親は違う。探し出して母親に会った初老の男は、「40の私にはまだ女ってこない」という母親の考えに子供たちを見てもらうことは不可能だとおもい知る。

自分も籤で解雇されたが籤で解雇された不運は極めて公平なやり方だと思って恨んだり嘆いたりはしなかったが、若い男には切実な現実があって、パーティでお金の入った元同僚のお金を取らざるを得なかった。

 刑務所に面会に行く。
 若い男は「あんたの籤の発想は公平ではない。」と嘲る。自分だったら、金持ちのお金に困らない人から解雇させるという。

 「自分のできることは?」という初老の男の質問に。「植木の水と金魚のエサやり」というのだ。

 初老の男は、子供たちの送ってくれた霧マンジェロに近い村までの航空チケットは本人でしか使えないからと換金を望み、そのお金をその二人の子供たちのために使おうとする。

 しかし、初老の妻は夫に内緒でその不遇な子供たちのために洗濯や宿題を見ることや食事を作ることを始めていた。

 初老の夫婦は若い男が刑期を終えるまで自分たちが家に子供たちを入れて世話をすることを決意して、海に連れていき海水浴をさせパーティでバーベキューをご馳走したりする。子供たちはそんな体験をしたりしなかったことを。

 息子や娘は、そんな親の態度に「孫がもっとほしいの?」「自分たちだって節約したお金で旅行費を作ったのに、赤の他人の世話のために使うなら、自分の子供だってお金がまだいるのだ。」という。

 しかし、弟は「お金は返さなくたっていいさ。」という。「あの漫画本は、古本屋で買ったのではなくて。本当は失敬したのだ。」とも告解する。

許し合うしかない。

 旅行に行けなくても、心穏やかだ。

 映画の最後に流れる歌は、「キリマンジャロは雪を懐いて、そびえ現存する」と流れる。

 富めるというほど富んでない夫婦が、自分たちより不遇なものに寄せる思いは同情でもなく義務でもなく良心だ。

 自分の貧しい生活への無知が小さな子供たちの生活までも何もかも失わせてしまった。

 貧しいアパートの住民は子供たちに食事の世話をしたり気を配る。それも普通の感覚なので、社会の格差を叫んだり訴えたりをするわけではない。

 ビクトル・ユーゴーの「貧しい人々」という作品では孤児を育てるという話になっている。

 この映画の中で「貧しいから盗んでもいいというのなら犯罪者はいなくなる。」という叫びもある。

 しかし、若い男は母親にもちゃんと弟たちの世話をしてほしいとも訴えている。しかし、行政も子供たちの世話などしてくれなかったのだ。籤で解雇されて、若い男は誰に向かって怒ればいいのか?

 日本で起きる犯罪の裏にそれぞれの言い分があるのだろう。


 
Chez Hiroで!
フルーツの下は、シャーベットでとても美味しかったです。
 2012-11-28 16.15.08
2012-11-28 16.15.51
2012-11-28 16.15.51
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments