Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

  • Mood:

 日々、新しい日!

朝起きたら、本が届いていた!
ここをプッシュすると本の表紙が出ます。

http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=12mja7aic/EXP=1355209728;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUkZDRzJxMW8wWC1zSGtmVUFTOExya3ZFMU41bWJudzZDdWZ5RE43WE9sM3JkREZJUldjS2N4SlEEcAM1NVN3NXJlMTVhNko1TGlBBHBvcwMyMwRzZWMDc2h3BHNsawNyaQ--/*-http%3A//ap.boox.jp/image/img.php?itemType=BK&code=4409040294&size=L
2012-12-10 13.34.00  

☆ 田淵安一
タブチ・ヤスカズ

1921年、福岡県に生れる。東京大学美術史学科卒。1951年、渡仏。1955年、ブラッセル市立パレ・デ・ボーザール個展でデビュー。以後、パリを中心に欧州、日本その他各地での個展、国際展で作品発表を続け、今日に至る。1985年、フランス政府芸術文化オフィシエ勲章を受章。主著として『西欧人の原像』(人文書院、1976年)、『イデアの結界―西欧的感性のかたち』(人文書院、1994年)、『ブルターニュ・風と沈黙』(人文書院、1996年)がある。

 作家がムッシュー青木に贈呈した古本であった!
2012-12-10 14.30.53
あとがきに書き込みがあったので返送しようとしたがサイン本なのでまあいいかという感じになった。

帯の言葉
「…いったい、奇蹟を見ぬ画家に奇蹟を描くことができるだろうか。しかしまた、奇蹟を見た画家に奇蹟が描けるものだろうか。奇蹟を生きること、奇蹟を信じること、そして奇蹟を描くことは、それぞれ別々のことである。ただ一つ、この三つを結ぶ可能性がのこされている。象徴という協力な投射光を民衆の深層意識に当てて、そこに潜む奇蹟の、かたち を映し出すことだ。」

第一章はアイルランドのアラン島のケルトキリスト教。
崖に住む隠者としてのキリスト教の修道僧。

第二章はアッシジの聖フランシスコの奇蹟。
最初に聖フランシスコが聖痕の奇蹟を受けた現在ラ・ヴぇルナと呼ばれる修道院が出てくる。
カルチェリの岩窟。聖者が籠った岩室は身をかがめて入るサイズ。
1224年9月15日未明に起きた聖痕の奇蹟。
田淵安一氏はジオットの絵から聖フランシスコの地を訪ねる。
聖フランシスコの死後2年で列聖されたのが、この奇蹟の跡をみたお多くの人が証言しているのも理由にあるだろう。
ヒルデガルトは今年になってローマ法王から列聖と教会博士の称号を受けている。時代というものがスポットライトを与えるのだろう。
p83.奇跡を信じていたのは、むしろ文盲の民衆の力だ。
口をあんぐり開けて壁画を見ている巡礼者に、奇蹟を信じさせるのに、言葉はいらない。人々はすでに奇蹟を信じているのだから。

☆田淵安一という画家は耳にも聞いていたし画風も頭に入っていた。
1973年、村松画廊で個展をしたときに、「毎日デイリーニュース」で田淵さんの絵の写真とが記載されていたのだ。
その時に、同じ誌面に私の画評も記載されていたので、調べれば新聞は出てくると思うが。
私はその時は公明新聞に「不思議な国のアリス」のテーマでの個展の記事が記載された。

☆2009年12月31日に村松画廊は閉鎖された。
村松画廊はクローズの際に、全部の個展記録と記載記事が載っている本を非売品で出版したとのことだ。是非、見たみたいと思う。
記録集『村松1942ー(表紙タイトル)画廊-2009(裏表紙タイトル)』(非売品限定800部)が発刊されました。384頁、各頁 3段組(1段1000字強)。内容は、日付け.作家名.タイトルと1100枚を超える現場展示の作品写真、その展覧会に関しての新聞評や雑誌の記事等が掲載されている。貸画廊だけでなく企画展も多数して画商活動もしていた。



 
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments