Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

女性の生き方!その1.

人間の生き方には正しい答えなどないと思う。


☆発言小町で芸大を出た画家が37歳で婚活をしているのを読んだ。
以下コピーです。

 私はタイトル通り、37才で独身です。
芸術大学を出て、その道一本でやってきていますが、
独立して食べていけるだけの収入はなく、
実家に月4万円で(食費、家賃光熱費込み)両親の唯一持っているファミリー物件に住んでいます。

月収は展覧会で販売をしたり、家で教えたりして、だいたい10万くらいです。
その中から実家に4万入れています。


両親はとても協力的で、私の仕事にも応援してくれていますが、
結婚して、近所にアパートを借りている弟夫婦(二人の子持ち)からは
冷めた目で見られています。

なんとなく、私に出て行って欲しい感じもします。

結婚したい!
でも、相手がいません。
お見合いしてもなかなかいい方がいません。

どうか私にアドバイスを下さい。

経験談でもいいです。

ユーザーID:7538298044 [説明]

とにかく、その彼女の希望にたいしてお答えの厳しいこと!

私も応援のコメントをいれようとしたのだけど、入らなかった。

☆女性の画家に限らず、画家は貧乏の代名詞なので男性でも生活は厳しい。
精神的にも満足な作品がいつもできるとも限られないので、地獄といえば地獄だ。大抵は満足などできるわけもないので。

 それで女流画家を検索すると独身で相当厳しい経済と精神生活をしている人も裕福で理解ある夫に恵まれ優秀な子供を育てながら(鹿児島ラサールの寮にいれてるらしい)芸術第一で暮らしつつ、他人の病人にも骨を砕いて社会的にも認められているというブログもあった。

 どっちが幸福と言うことは分からない。
絵を見たら、感動するほど素晴らしい作品は貧しい苦しい生活から生まれているのだもの

☆私の場合、だいたい努力もしないでいつも誉められていたのがお絵描き!
これでいいのか?
と言うほど、自分的には楽にグラフィックデザインを学び空前のバブルのなかを楽しく仕事をして来た。

 私の負い目はそこにあった。

 それで、少し不遇な人々のために生きたいと思うようになった。

 私のキリスト教はそこから始まったのだった。

 あまり男性は好きでないんだと思う。
唯一好きなのはイエス様。少しでも神様のお役にたちたいとはいつも思ってますが。

☆仕事はたぶん好き。
楽したいと考えたことはないと思う。

 人の労苦をも引き受けてしまう方だ。

 信じられないほど無欲な人だと思う。

☆結婚するとも、子を産むとも思ったことはないが親が喜ぶ方を選んだのだと思う。

 だから、結果論として結婚も母親もお絵かきもしているのだが、そうなってしまったのだ。

 姑はもらいっ子、甥は知的障害、主人も薄給だったし、姑と同居だったから世間的にはいい結婚とは言えないのではないか?

 では、嫌かと問われると、全然嫌でない。
発言小町の常識的な世界では姑との同居、貧しい暮らし、障害者のいる親戚は皆アウトであるので、自分は馬鹿なのかと思うこともあるが、もし、仮に35歳で画家。こういう縁談があるのですがと相談したら、「相場」
だ。」と返事が帰って来るだろう。

 よく結婚の時に「るいこさんならもっと若かったらもっといい結婚ができたのに。」とか、「るいこさんなら、ご主人はハンサムで背が高いエリートなんでしょうね、」と言われ、「反対です。」と答えると怪訝な顔をされた。

☆よく書いているように大学の時、○泉節子さんから「結婚するんじゃないよ。」と、廊下を歩いていたらいきなり平手打ちされた。35歳で結婚したとき、東京カテドラルの教会で結婚式をあげたときに、本気で爆弾でも仕掛けられるんではないかと思っていてここで殺されるのなら、葬儀も教会で都合もいいし、天国にもすぐに行けるかもと選んだのだった。

☆そして、これもよく書いているように、たま出版の故瓜谷社長が次から次へとトンでもない男性に私の住所を無断で教え、5年ほど大変な禍に巻き込まれることになった。
その件についてはよく考える毎日である。

☆小島善太郎という画家はずいぶん不遇から絵を描いていたが、才能を認める人が幾人もいてパリにも留学して長生きして評価もされた。
 辛い人生にはバランスを取るように幸運も訪れると思う
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments