Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

教会で!今夜のクリスマス・イブのミサは夜の9時から。キリスト教の必要のない幸福な民族ピダハン!

☆昨日観たテレビ。
12月15日(土) 午後7時00分~7時44分
12月24日(月)[(日)深夜] 午前0時00分~0時44分
ピダハン 謎の言語を操るアマゾンの民

ブラジル・アマゾンの奥地に、不思議な言語を持つピダハンと呼ばれる少数民族がいます。彼らの言語には数や色を示す言葉がなく、過去や未来の時制もほとんど見られません。ピダハンの人々は、アマゾンの豊かな自然の恵みの中で、「過去」を思い患うことも「未来」を憂うこともなく、充実した「現在」を生きているのです。心豊かなピダハンの人々の暮らしを、長年、彼らと共に暮らした元宣教師のアメリカ人言語学者の目を通して見つめます。

原題:The Amazon Code
制作:オーストラリア 2012年

http://www.nhk.or.jp/dramatic/onair/296/contents_ph_top.jpg☆ピダハンにあった宣教師は彼らは本当に幸福なので宣教の必要はないと思って布教はやめた。
 
 私も教会に行く必要のない幸福な人たちがたくさんいるのを知っている。

 今日はクリスマス・イブのミサがあるけれど行くか行かないかとかがまるで問題ではない幸福の世界があることを。

 でも私は久しぶりに教会へ行きたいと思った。

 


心地よいパイプオルガンのミサ曲。

 主人の洗濯物を出してワイシャツ8枚をカートにいれて、教会に寄ってみました。
クリスマス-オーナメントの飾り中。

 蝋燭を家族と被災地と神山と世界の平和とアートのためにささげてきました。

御祭壇には幼子イエス様のお人形が!

 教会の中の椅子に座っているだけで魂がとても楽だ。

☆それから住友バンクによって福島支援を一口振り込む。

 その隣のビルの地下に投球があって水を9本と野菜やチーズなどを買う。

 カートは十ても重くてエスカレーターを踏み外したら大変な事故になりそうなので緊張をして運んだ。

 お茶でも一服と思ったが、家に帰ればいただけるので歩いて家までカートを引っ張った。

☆今日は寒くて、娘も冷えて帰るだろうから熱いグラタンに決めた。

 ホールのケーキはまだとドアないらしい。

☆先ほど位エルサレムに旅行したテレサにクリスマスのあいさつ電話をしたら、帰りの飛行場で突然非難のアナウンスがあったそうだ。

 とにかく無事に帰ってよかった。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments