Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

「ジャンヌ-ダルク 超異端の聖女」竹下節子著より。

 p43.
ジャンヌ-ダルクは宗教家ではなくて神秘家だった。
けれども神と直接に交信してそれを味わうというタイプでなく、神の意志をこの世で実現するという使命を確信していた。これが教会権威の気に入るわけはなく、異端者、魔女として弾劾され、火刑になった。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments