Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

身につまされる65歳の離婚!

 「発言小町ランキング」を読んでいたら、私と同じ年齢と思われる女性が離婚しようか迷って相談しているのがあった、

 彼女は年金が7万円強あって、自分の貯金が50万円で家族の貯金が1500万円だと言う。

 夫が酒乱愛想がつきたようだが、彼女は自分の働きで家を建て2人の子供は自立させます今は夫に家を出てけと言われているようで、離婚して7万強の年金と50万円の貯金でやっていけるかと言う相談。

☆答えは「口車に乗って離婚してはいけない。現実は厳しい。」と言うものと、「弁護士に相談すれば家を売って貯金も半額もらえる」というものや「パートも65歳ならまだある。さっさと別れて楽しい老後を。」と言うものまで様々。

☆もし、私が相談されたら離婚は薦めません。
しかし、凄まじいのがいくつかあって「どんどんお酒を飲ませて、くたばるのを待ちましょう。」とか、「どこもおんなじようなものだから、上手に割りきって楽しい自分の世界を持てばいい」というのもあった。

「先立つものはお金なので、綺麗事や格好をつけず上手に蓄え、きたる日に備えましょう」と、こちらが相談になっているごとく参考になる。

☆「住む家さえあれば、7万円強の年金でやっていける」という。
☆私も結婚前から離婚の本を山ほど読んでいたタイプなので、いつ離婚しても大丈夫でありたいとは思っている。

 父が「離婚するときは、持っていったものを全部持って帰ってくるんだよ。」といい、母は「離婚するときは、子供を相手にぶつけて帰って来るのよ。次のいい結婚のためにね。」
かなり前に言ったことがある。まだ、大学くらいのときで、「離婚するときはよほどいい相手でないと馬鹿馬鹿しい。」
というのが母の意見。

 兎に角、戦中と戦後を生きてきた知恵はたくましく、大人しく泣いて暮らす従順な嫁というのは愚かしいというのだった。
それで、手に職をというのがいつでも生きていかれると言うのである。

☆山に暮らしていると、家があれば年金7万円以下の私でも生きていかれるかもしれないと思う。
生協と第一スーパーの送迎バスで暮らすことも可能。
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments