Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

知らなかったけれどいきたい美術館が一杯!建築家の仕事!




☆今、ルーブル美術館ランスの設計をした妹島和世さんと西沢立衛さんの建築を紹介するテレビを観てました。

 

 建築界のノーベル賞と言われるブリツカー賞を受賞をしているのですが、国際的な建築家となるまでのその経緯を初めて観ました。

 

 時代の妙でしょうか?
丹下健三さん、槇文彦さんまではエリート出身で次の安藤忠雄さんは高卒、そして妹島さん西沢さんも決してエリート建築科の大学出身でないのです。

 

 有名な建築家を義父にもつ友人に言わせれば、建築界は並み大抵の才能では頭角を持つことができず、専門家ほど子供にはやらせないそうです。

 

 テレビを観ていると、やはり小さなチャンスから世界に導かれていって、二人とも海外に建築するということは考えも夢にも観たことがないようです。

 

 テレビで代表的な作品を見て、コンセプトとか表現を観ていると、それなりに素敵な世界を発見できました。

 

 しかし、ついでに出てきたイギリスの女性建築家の作品にもあまりにも個性的で驚かされました。

 

 建築も面白いですね。
ガウディもそうですけど、可能性は無限!

 

Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments