Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

2時59分の新幹線で!


 お弁当は酢がきいていて美味しかったです。  新幹線は満員ですが、幸い隣の紳士も控え目に読書中でゆっくりと食べ終えました。  今日は軽井沢までも雪の積もったままの景色を走っていたのですが、いつのまにか青空になって、雪の跡もないです。 2時51分、もう大宮近いのでしょう。  孤独好きな私ですが、家族のところに帰れる幸せも好きです。 宿命的な旅人として、どこか遠くへいきたい私ですが、寅さんのようにフラリと帰る私です。 ☆65歳の孤居老人が3割から4割になる時代です。 私もいつその孤居老人に入るかも知りません。  人生も4分の3くらいを通過すると、自分はいい人間でもなく悪い人間でもなく、普通のうぬぼれようもないほどの凡庸な人間な気がします。  人間は許されなければ生きていけず、また、ここと穏やかに許さねば前にも進めないのではないか? 通り過ぎて来た道はベストでなくても、それしかできなかった真実があった気がするのです。
Tags: via ljapp
Subscribe
  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments