Ruiico (ruiico) wrote,
Ruiico
ruiico

何かと多い出費!

☆桜の小花の散りばめてある敷物はK夫人がくれたもの。  ☆月刊「聖母の騎士」が今年から色々変わった。左扉になり、時代かハーブの記事が連載され始めた。 父の家の近くにそのハーブショップがあるようなので、顔を出してみよう。


☆ViewCardの請求書が!
 12月は階段作りのために短い期間に往復を幾度もしたのと、お正月休みで割引がなかったせいで40000円近い。

 

 やはり、年金では暮らせそうもない。

 

☆映画のなかではお金のために争うカップルが出てくる。

 

 本当にねえ。厳しいねえ。

 

☆このところの試みで募金箱を無視する運動をしてみた。

 

 昨日はマスクをしていたので、いつものホームレスさんが「ビッグイシュー」を売っていたのを通り過ぎて本屋で「婦人公論」を買った。多分留守中の「ビッグイシュー」を2、3冊買うと「婦人公論」が買えなかったのだ。

 

 今日は駅で病院で入院中の子供のために学用品を配るという募金箱があっちこっち出ていて、透明なプラスチック箱に1000円札がびっしり詰まっていたのだが、無視してみた。

 

 無条件に募金箱に入れるのを止めると、本当に感情が動く行いに絞られると思うのだが。

 

☆本屋から電話があって芥川賞作品と直木賞作品が届いたそうだ!
Tags: via ljapp
Subscribe

  • 五月病関連読本!のコピーです! 私のテーマの一つは日本の誇り、アジアの和!

    源氏香のカルタを作って見たのだが、紫式部の愛読書が宇津保物語! 本物の芸術の話!そして、大和から遣唐使が難破して運ばれたペルシャの地から、白馬にのせられ、仙人に学んだ中国の七絃の琴(きん)は、ユネスコの世界遺産になりました! 宇津保物語から地震が起きたシーン。…

  • 宇都宮功の本。

    この人の事はまるで知らなかったが、とても成功している画家のようだ。 1945年、盛岡生まれ。 私が1947年生まれなので、かぶっていて時代の流れはよくわかる。 そして、作家やギャラリーの名も知っているので、情報として実によい本だった。…

  • 携帯の調子が悪い!

    木嶋佳苗が獄中で書いたと言う実話。 正直に書かれていると思う。 世の中には悪い人が多いものだ。 若い高校生の彼女を騙した詐欺師や母親の交通事故による脚の切断。 恐ろしくおませな社会との関わり方。 偶然か?祖父の馬の受精やヤマギシ会での牛の受精見学が性への好奇心を育てる。…

  • Post a new comment

    Error

    default userpic
    When you submit the form an invisible reCAPTCHA check will be performed.
    You must follow the Privacy Policy and Google Terms of use.
  • 0 comments